ビジネスmoperaあんしんマネージャー規約

株式会社NTTドコモ(以下「ドコモ」といいます)が提供するビジネスmoperaあんしんマネージャー(以下「本サービス」といいます)は、本サービスの利用にあたり適用される当社が定める契約約款(以下「契約約款」といいます)及びこの「ビジネスmoperaあんしんマネージャー規約」(以下「本規約」といい、契約約款と本規約を総称して以下「約款等」といいます)に従って日本国内において提供されます。本サービスのご利用にあたっては約款及び、契約後に操作マニュアルをご確認のうえご利用ください。なお約款等に同意されない場合、本サービスをご利用いただくことはできません。

1.定義

本規約において次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによります。

2.サービス概要

3.サービス申込み

4.サービス設定

5.提供条件

6.本サービスの運用

ドコモは、本サービスの一時中断のお知らせその他サービス契約者へのお知らせを行う場合、ドコモのホームページへの掲載、又はその他のドコモが適当と判断する方法により行うものとします。

7.本サービスの利用上の制限

ドコモは、以下の各号のいずれかに該当する場合には、サービス契約者に事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を一時停止又は中止することがあります。

8.サービス利用契約の終了等

9.禁止事項

サービス契約者は、本サービスのご利用にあたり、以下に定める行為を行わないものとします。

10.お客さまの情報

11.パスワード及び認証について

12.通信機器について

本サービスを利用するためにサービス契約者、管理者及び端末利用者が使用する通信機器、ソフトウェアその他これらに付随して必要となるすべての機器は、サービス契約者の費用と責任において準備するものとし、ドコモは、通信環境の不備等による利用障害については、一切のサポートを行いません。

13.ご利用料金について

14.本サービスの変更、追加及び廃止

15.本サービスに関する責任

16.権利・義務

サービス契約者は、本サービスを利用する権利又は本サービスを通じて生じたサービス契約者の権利若しくは義務を譲渡し、承継させ、貸与し、又は担保に供することはできないものとします。

17.準拠法

本規約等の効力・履行及び解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

18.紛争の解決

本規約等又は本サービスに関連して訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

あんしんマネージャーアプリ使用許諾規約

この「あんしんマネージャーアプリ使用許諾規約」(以下「本規約」といいます。)は、サービス契約者と株式会社NTTドコモ(以下「ドコモ」といいます。)との間に適用されます。本規約の各条項をお読みいただき、同意いただいた場合のみ、このあんしんマネージャーアプリをご使用いただくことができるものとします。

(目的)
第1条 本規約は、ドコモが提供するビジネスmoperaあんしんマネージャー(以下「本サービス」といいます。)の一部または全部をご利用いただくために必要となるあんしんマネージャーアプリ(以下「本アプリ」といいます。)の使用に関する条件を定めることを目的とします。なお、本サービスのご利用にあたっては、契約約款、ビジネスmoperaあんしんマネージャー規約(以下「サービス規約」といいます。)その他ドコモが定める条件が適用されます。

(定義)
第2条 本規約において用いる用語の意義は、本規約に別段の定めがない限り、サービス規約に定める用語の意義と同じとします。

(知的財産権)
第3条 あんしんマネージャーアプリに係る知的財産権は、ドコモ又は第三者に帰属します。本規約に基づくサービス契約者への本アプリの使用許諾は、サービス契約者、管理者又は端末利用者に対する何らの権利移転等を意味するものではありません。

(使用許諾)
第4条 ドコモは、サービス契約者に対して、spモード端末を被管理端末とした本サービスを利用いただく目的(以下「本目的」といいます。)の範囲内で、本アプリを本規約に定める条件に従いspモード端末上においてのみ 使用することのできる、日本国内における非独占的かつ譲渡不能の権利を許諾します。

(契約の成立、効力及び終了)
第5条 サービス契約者が、本アプリのspモード端末へのインストールを開始した時点をもって、サービス契約者は本規約に同意したものとみなされ、サービス契約者とドコモとの間に本規約に基づく契約(以下「本契約」といいます。)が成立し、効力を生じるものとします。

(遵守事項)
第6条 サービス契約者は、本目的以外に本アプリを使用してはならず、また、本アプリの一部のみをインストールし、又は使用してはならないものとします。

(責任制限)
第7条 ドコモは、本アプリに瑕疵が発見された場合、ドコモのホームページに掲載し、又はその他弊社が適当と認める方法により、サービス利用者に対し瑕疵のある旨を周知又は通知するとともに、瑕疵のない本アプリを提供するか、又は当該本アプリの瑕疵を修補すべく努めますが、その実現を保証するものではなく、また本アプリの瑕疵に起因してサービス利用者が被った直接的又は間接的損害(通信機器、ソフトウェア等の破損を含みます。)及び第三者が被った損害について一切責任を負いません。

(損害賠償)
第8条 ドコモは、サービス契約者が本規約の条項の一にでも違反した場合には、第5条第3項に基づき本契約を解除することができるほか、これによりドコモが被った損害の賠償をサービス契約者に請求することができるものとします。

(その他)
第9条 サービス契約者は、本アプリを日本国外に持ち出す場合等、日本国又は諸外国の輸出入に関連する法令等(以下「輸出入関連法規」といいます。)の適用を受ける場合には、当該輸出入関連法規を遵守するものとします。サービス契約者は、本項の定めに違反した行為により生じるいかなる問題についても、サービス契約者自身の費用と責任でこれを解決するものとします。