ご利用規約

イマドコサーチご利用規約

株式会社NTTドコモ(以下「ドコモ」といいます)がお客さまに提供するイマドコサーチ(以下「本サービス」といいます)は、このイマドコサーチご利用規約(以下「本規約」といいます)および本サービスのご利用にあたり適用される契約約款(以下「契約約款」といいます)その他注意事項(以下、総称して「約款等」といいます)に従って、提供されます。本サービスのご利用にあたっては、本規約のほか、約款等をご確認のうえご利用ください。
お客さまが本規約および約款等に同意されない場合、本サービスをご利用いただくことはできません。なお、本規約は、利用者(第1項第1号で定義される)および被検索者(第1項第2号で定義される)の両方に適用されます。

1.本サービスの概要

(1)
本サービスは、ドコモが契約約款に基づき提供するFOMAサービスまたはXiサービス(以下、総称して「FOMA/Xiサービス」といいます)のご契約者であって、iモードまたはspモードをご契約している方のうち、本サービスのお申込みをされたお客さま(以下「利用者」といいます)に対して、以下の[1]〜[9]の機能を提供するサービスです。利用者は、自ら検索対象番号としてあらかじめ設定した携帯電話番号(以下「被検索番号」といいます)が登録されたドコモUIMカード(FOMAカード、ドコモminiUIMカード、ドコモnanoUIMカードを含み、以下同じ)が挿入されている、ドコモブランドのiモード対応端末、ドコモ位置情報アプリがプリインストールされているspモード対応端末(以下「特定spモード対応端末」といいます)、iOSが搭載されているspモード対応端末(以下「iOS搭載端末」といいます)、iモード非対応の腕時計型端末(以下「腕時計型端末」といいます)、またはドコモが別に定めるiモード非対応のキッズケータイ(以下「特定キッズケータイ」といい、iモード対応端末、特定spモード対応端末、iOS搭載端末、腕時計型端末と総称して「被検索端末」といいます)の所在に係る位置情報(以下「位置情報」といいます)を検索の都度作成される「ドコモの地図」(第11項で定義される)により取得することができます。なお、上記の位置情報とは、別に定める場合を除き、GPS機能または被検索端末に搭載されているOSの種別により利用可能な位置測位機能(Wi-Fi機能を利用した位置測位機能を含み、ドコモが指定する位置測位機能に限られるものとし、以下「端末独自測位機能」といいます)を搭載する被検索端末の場合には、被検索端末が備える位置測位機能で取得した緯度・経度情報および基地局の情報を用いて推測される位置に関する情報のうち最も精度が高いと判断された情報を指し、GPS機能および端末独自測位機能非搭載の被検索端末の場合は基地局の情報のみを用いて推測される位置に関する情報を指します。
利用者は、本サービスへお申込みされることにより、以下の機能を利用することができます。ただし、利用者が本サービスで利用する端末(以下「検索端末」といいます)は、ドコモブランドのiモード対応端末またはspモード対応端末に限ります(iOS搭載端末も含みます)。また、被検索端末が特定spモード対応端末である場合で、当該端末の使用権限を使用者ごとに切り替えることができる機能(以下「マルチユーザー機能」といい、当該端末の使用者のうち、マルチユーザー機能を利用して主たる使用者として設定された者を以下「メインユーザー」といいます)を利用している場合は、被検索端末の位置情報が検索できないなど、以下の機能の全部または一部が正常に動作しない場合があります。
[1]
いますぐ検索機能:検索端末からアクセスする本サービスサイト(第3項で定義される)において被検索端末の位置情報を検索する機能。また、本機能を用いた位置情報の検索に失敗した後、ドコモが定める期間・間隔において自動で位置情報の検索を行い、検索結果をメッセージR(リクエスト)で通知することも可能(くりかえし検索)です。
[2]
スケジュール検索機能:あらかじめ設定した曜日、時間に被検索端末の位置情報の検索を行い、検索結果をメッセージR(リクエスト)で通知する機能。また、あらかじめエリアを指定しておくことにより、当該エリアに在圏しているか、または非在圏であるかについての情報を通知することも可能(エリア監視機能)です。
[3]
ブザー検索機能:被検索端末がキッズケータイ、ドコモが別に定めるらくらくホン、またはドコモが別に定めるiモード対応端末もしくは特定spモード対応端末である場合のみ利用可能であり、所定のブザーが鳴ると検索を行い(検索を停止する迄、初期検索設定としてドコモが定める間隔および回数、または利用者が別途設定した間隔および回数において検索を行います)、検索結果をメッセージR(リクエスト)で通知する機能。なお、利用者が被検索番号を複数設定している場合、被検索番号毎に本機能を停止することができます。
[4]
ちょこっと通知検索機能:被検索端末が、ドコモが別に定めるキッズケータイ、特定spモード対応端末または腕時計型端末である場合のみ利用可能であり、ドコモが別に定めるキッズケータイにおいては「ちょこっと通知キー」が長押しされた時、ドコモが別に定める特定spモード対応端末においてはドコモ位置情報アプリのちょこっと通知機能が実行された時に検索を行い、ドコモが別に定める腕時計型端末においては、「メニュー⇒位置をおくる」ボタン押下時に検索を行い(検索を停止する迄、初期検索設定としてドコモが定める間隔および回数、または利用者が別途設定した間隔および回数において検索を行います)、検索結果をメッセージR(リクエスト)で通知する機能。なお、検索の間隔および回数は、ブザー検索機能と共通になります。
[5]
はなれたよ検索機能:被検索端末が、ドコモが別に定めるキッズケータイである場合のみ利用可能であり、被検索端末と「おまもリモコン」との間の距離が所定の距離(初期検索設定としてドコモが定める距離または利用者が別途設定した距離)を超えた状態が5分間継続すると検索を行い(検索は1回のみ行います)、検索結果をメッセージR(リクエスト)で通知する機能。なお、検索が実施される距離については、利用環境によってはあらかじめ設定された距離と異なる場合があります。
[6]
電源OFF検索機能:被検索端末が、ドコモが別に定めるキッズケータイまたは特定spモード対応端末である場合のみ利用可能であり、ドコモ所定の方法で電源を切った時およびあらかじめ設定した時間に電源が入った時に検索を行い(検索を停止する迄検索を行い続けます)、検索結果をメッセージR(リクエスト)で通知する機能。なお、被検索端末が特定キッズケータイまたはドコモが別に定める特定spモード対応端末である場合は、電源を切った時の1回のみ、検索を行います。また、利用者が被検索番号を複数設定している場合、被検索番号毎に本機能を停止することができます。
[7]
電池アラーム通知機能:被検索端末が、ドコモが別に定めるキッズケータイまたは特定spモード対応端末である場合のみ利用可能であり、電池残量がドコモが被検索端末毎に指定する残量を下回ることとなった時に1回のみ検索を行い、検索結果をメッセージR(リクエスト)で通知する機能。ただし、検索時の電波状況や被検索端末の電池の劣化状態などの理由により、この通知を行えない場合があります。
[8]
パソコン検索機能:パソコンからアクセスするMy docomoの本サービス関連サイトにおいて、[1]の検索、[2]の設定、検索履歴を閲覧すること等ができる機能。
[9]
ちかくの事件情報提供機能:利用者が、本項[1]〜[7]の機能を利用して被検索端末の位置情報の検索を行った際に当該検索結果がこの機能の提供対象地域としてドコモが別に定める地域(以下「対象地域」といいます(東京都の島部を除くものとし、以下同様とします))の特定エリアである場合、または利用者が対象地域の特定エリアを選択した場合に、当該特定エリアにおける防犯に関わる事件情報等を閲覧することができるサービスです。閲覧することができる情報等は、対象地域のひったくり、子どもに対する犯罪、強盗、声かけおよび公然わいせつ等(総称して以下「事件」といいます)に関する情報(以下「事件情報」といいます)となります。 この機能により閲覧可能な事件情報は、各都道府県警察から発信されるメールサービスから提供される情報のうち、次の要件を全て満たすものに限ります。
[1]
発生した日から30日以内の事件に関する情報
[2]
対象地域または本項[1]〜[7]の機能を利用して被検索端末の位置情報の検索を行った際の検索結果において特定されたエリアから半径3km以内で発生した対象地域の事件に関する情報
ちかくの事件情報提供機能で取り扱う事件情報の発生区域は、当該事件情報に係る事件の発生地付近のおおまかな位置を示すものであり、発生地点そのものではありません。事件情報の発生区域の分布を示す地図情報は、Google Inc.より提供され、Google Inc.が定める利用規約およびプライバシーポリシーが適用されます。
ドコモは、正確な情報提供に努めていますが、ちかくの事件情報提供機能に関連して、またはちかくの事件情報提供機能を通じて利用者に提供される情報・コンテンツ等について、利用者の特定の使用目的への適合性、完全性、確実性、有用性、即時性等を保証するものではなく、これらの情報・コンテンツ等を利用して生じた利用者または被検索者その他の第三者の損害に対して、各都道府県警およびドコモは一切の責任を負いません。また、再通知または原因に関する調査等の求めにも応じられません。
(2)
利用者の携帯電話番号は、被検索端末の所持者(以下「被検索者」といいます)が被検索端末を使ってiメニュー(iモードをご利用の場合)もしくはdメニュー(spモードをご利用の場合)の「お客様サポート」、または、端末の設定画面から遷移する本サービスの設定に関するサイト(被検索端末が特定キッズケータイのうちドコモ所定のソフトウェア更新を実施したキッズケータイ(以下「ソフトウェア更新済キッズケータイ」といいます)をご利用の場合)(以下、総称して「お客様サポート」といいます)から常に確認することができるものとします。なお、被検索端末が特定キッズケータイ(ソフトウェア更新済キッズケータイを除く)または腕時計型端末である場合は、「お客様サポート」から確認することができませんので、被検索番号が登録されたドコモUIMカードが挿入されている特定キッズケータイまたは腕時計型端末を持参のうえ、ドコモショップでご確認ください。
(3)
利用者は、最大5つの携帯電話番号を被検索番号として設定することができます。
(4)
利用者は、iモードまたはspモードの本サービスサイトまたはMy docomoの本サービス関連サイトからブザー検索機能および電源OFF検索機能の非利用の設定をすることができます。
(5)
第4項に定める検索設定が設定されていないとき、被検索者が第4項に定める検索設定において「拒否」の設定をしているとき、第4項に定める検索設定において「許可/毎回確認」の設定をしている場合であって、被検索者が検索を拒否したとき、被検索番号にかかるFOMA/Xiサービスのご契約者が、ドコモの別途定める方法により検索対象となることをあらかじめ包括的に拒否する設定(以下「包括拒否設定」といいます)をしているとき、第13項に定める事項に該当するとき、被検索端末が圏外または日本国外にあるときその他ドコモが別に定める一定の事由に該当するときには、被検索端末の位置情報を取得することができませんのであらかじめご了承ください。
(6)
利用者は、被検索者が名義変更をすることによりFOMA/Xiサービスのご契約者が変更した場合、携帯電話番号を変更した場合、本サービスの利用ができない料金プランに変更した場合、iモードもしくはspモードまたはその双方をご契約の状態からiモードおよびspモードの双方が未契約となった場合その他ドコモが別に定める一定の事由に該当した場合は、被検索者を検索することができなくなります。
(7)
海外渡航時における国際ローミング利用時は、本サービスのうちドコモ所定の一部の機能に限りご利用いただけます。

2.ID/パスワードについて

利用者が、spモード対応端末で本サービスをご利用の場合には、ドコモがspモードご利用規則に基づいて発行するspモードパスワード、または、ネットワーク暗証番号が必要となります。ただし、spモード対応端末において無線LAN環境下またはテザリング設定時にご利用の場合は、ドコモが「dアカウント規約」に基づき発行するdアカウントのIDおよびパスワードの入力が必要となります。

3.本サービス申込みについて

(1)
本サービスのご利用にあたっては、ドコモが別に定める手続に従い、事前に本サービスの利用をドコモに対してお申し込みいただく必要があります。ドコモが申込みを承諾した場合、被検索端末が特定キッズケータイ(ソフトウェア更新済キッズケータイを除く)または腕時計型端末である場合を除き、被検索端末がiモード対応端末である場合にはメッセージR(リクエスト)により、特定spモード対応端末である場合には、ドコモ位置情報アプリ上に表示することにより、iOS搭載端末である場合にはショートメッセージ(SMS)により、ソフトウェア更新済キッズケータイである場合には「お客様サポート」に表示することにより、利用者の携帯電話番号が被検索端末に通知されます。
ただし、被検索端末が特定spモード対応端末である場合で、マルチユーザー機能を利用している場合は、当該通知が被検索端末上に表示されない場合があります(この場合、当該端末の使用者をメインユーザーに切り替えて、ドコモ位置情報アプリの設定お願いメール受信履歴から当該通知の内容を確認することができます)。
(2)
利用者は、「お客様サポート」から本サービスに関するサイト(以下「本サービスサイト」といいます)にアクセスすることができます(iモードの場合は、マイメニュー/マイボックスに本サービスサイトへのリンクが自動的に表示され、当該リンクからもアクセスできます)。
(3)
利用者は、ドコモが別に定める方法に従って、自己の責任において被検索者から自己が検索することへの同意を得たうえで本サービスを利用するものとします。なお、利用者は、指定した被検索番号が、FOMA/Xiサービスの契約者識別番号ではない場合、利用中断中、利用停止中または電話番号保管中である場合、既に20回線から被検索番号として設定されている場合その他ドコモが別に定める一定の事由に該当する場合は、被検索番号として設定できません。
(4)
利用者は、被検索番号として指定した携帯電話番号について包括拒否設定がなされている場合であっても、被検索番号として設定することができます。なお、利用者は、被検索番号について包括拒否設定が解除されるまでは位置情報を検索することはできませんが、この場合であっても本サービスの月額使用料金は発生します。

4.被検索者側の設定等について

(1)
利用者より被検索番号として指定されると、被検索端末に対して、被検索端末がiモード対応端末である場合はメッセージR(リクエスト)を送信することにより、特定spモード対応端末である場合はドコモ位置情報アプリのリクエスト機能により、iOS搭載端末である場合はショートメッセージ(SMS)により、ソフトウェア更新済キッズケータイである場合はメールを送信することにより「設定お願い通知」(被検索番号として指定されたことの通知およびイマドコサーチの検索に必要な設定を依頼するために利用者からの依頼に基づきドコモが送信する通知をいいます)を送信します。当該通知に記載されるURLまたは「お客様サポート」から設定ページにアクセスし、利用者毎に次のいずれかの検索されることに関する設定(以下「検索設定」といいます)をすることができます。
[1]
利用者からの検索をすべて許可する「許可」設定
[2]
利用者からの検索をすべて拒否する「拒否」設定
[3]
利用者からの検索要求の都度検索の諾否を決定する「毎回確認」設定
ただし、被検索端末が特定キッズケータイ(ソフトウェア更新済キッズケータイを除く)または腕時計型端末である場合、設定お願い通知を受信できず、また、「お客様サポート」から設定ページにアクセスし、検索設定をすることもできませんので、被検索番号が登録されたドコモUIMカードが挿入されている特定キッズケータイまたは腕時計型端末を持参のうえ、ドコモショップで検索設定を行ってください。
また、被検索端末が特定spモード対応端末である場合で、マルチユーザー機能を利用している場合は、「設定お願い通知」の受信をお知らせする画面が被検索端末に表示されない場合がありますので、当該端末の使用者をメインユーザーに切り替えてドコモ位置情報アプリの設定お願いメール受信履歴から確認を行うか、「お客様サポート」から設定ページにアクセスし、検索設定の内容をご確認ください。
なお、検索設定がなされていない場合、以下の[1]及び[2]の頻度により、被検索者端末に対して、被検索端末が特定spモード対応端末、iOS搭載端末、特定キッズケータイ(ただし、一部の特定キッズケータイにおいて、ドコモが定める日以降、ドコモ所定のソフトウェア更新を実施していない場合を除きます)または腕時計型端末である場合はショートメッセージ(SMS)を送信することにより、iモード対応端末である場合はメッセージR(リクエスト)を送信することにより、ソフトウェア更新済キッズケータイである場合はメールを送信することにより、検索設定がなされてない旨の通知が届きます。
[1]
利用者による被検索端末の検索要求の都度
[2]
利用者から被検索番号として設定されたときから、当社が別途定める期間において、1日1回
本通知は、被検索者が検索設定を行うか包括拒否設定を行うと停止します。
(2)
前号にかかわらず、利用者と被検索番号の回線契約者が同一名義の場合であって、かつGPS機能搭載の端末が被検索端末として設定された場合、検索設定は自動的に「許可」の設定となります。
その場合、被検索端末に対して、被検索端末がiモード対応端末である場合はメッセージR(リクエスト)を送信することにより、特定spモード対応端末である場合はドコモ位置情報アプリのリクエスト機能により、iOS搭載端末である場合はショートメッセージ(SMS)により、ソフトウェア更新済キッズケータイである場合はメールを送信することにより「開始お知らせ通知」(被検索番号として指定されたことをお知らせするために、ドコモが送信する通知をいいます)が送信され、設定お願い通知は送信されません。
ただし、被検索端末が特定spモード対応端末である場合で、マルチユーザー機能を利用している場合は、「開始お知らせ通知」の受信をお知らせする画面が被検索端末に表示されない場合があります(この場合、当該端末の使用者をメインユーザーに切り替えて、ドコモ位置情報アプリの設定お願いメール受信履歴から「開始お知らせ通知」の内容を確認することができます)。
その他、本号に定める事項には以下の例外がありますので、「お客様サポート」から設定ページにアクセスし、検索設定の内容をご確認のうえで、必要に応じて検索設定を行なってください。
[1]
開始お知らせ通知を受信するまでの間:検索設定は未設定となり、開始お知らせ通知を受信した時点で「許可」に変更されます(ただし、初めて位置情報が通知されるまでの間、設定ページ上の表示は検索設定が「許可」となりません)。
[2]
被検索端末の設定状況や通信環境等により、開始お知らせ通知が受信できなかった場合:検索設定は自動的に「許可」の設定となりません。
[3]
被検索端末にインストールされているドコモ位置情報アプリが最新版にアップデートされていない場合:開始お知らせ通知が表示された場合であっても検索設定は自動的に「許可」の設定とならない場合があります。
[4]
被検索端末が特定キッズケータイまたは腕時計型端末である場合:検索設定は自動的に「許可」の設定となりません。ただし、ご契約状態等により、開始お知らせ通知が送信されることなく、検索設定が自動的に「許可」の設定となる場合があります。
[5]
被検索端末がiOS搭載端末である場合:検索設定は自動的に「許可」の設定とはなりません。ただし、iOS搭載端末に対して、ショートメッセージ(SMS)により送信された開始お知らせ通知に記載されるURLにアクセスした時点で「許可」の設定となります。
(3)
被検索端末がGPS機能搭載のiモード対応端末、特定キッズケータイまたは腕時計型端末の場合、「許可」または「毎回確認」の設定をしたときは、検索要求の都度、当該端末内のGPS機能が起動し、利用者から検索されることが通知されます。
(4)
被検索端末がGPS機能搭載のiモード対応端末、特定キッズケータイまたは腕時計型端末以外の端末である場合で、「許可」または「毎回確認」の設定をしたときは、検索要求の都度、被検索端末がGPS機能非搭載のiモード対応端末である場合はメッセージR(リクエスト)で、iOS搭載端末である場合はショートメッセージ(SMS)で、特定spモード対応端末である場合はドコモ位置情報アプリのリクエスト機能(以下、これらを総称して「検索確認通知」といいます)により、利用者から検索されることが通知されます。ただし、被検索端末の設定が「許可」である場合、次に定めるとき等には、被検索者が被検索端末上で検索されることをあらかじめ知り得ない状態で検索されることがありますので、ご了承ください。
[1]
被検索端末における設定や電波状況等(被検索端末がiモード対応端末である場合において未読状態のメッセージR(リクエスト)が保存可能件数を上回った場合を含みます)により、検索確認通知を受信できなかった場合。
[2]
被検索端末に対し、おまかせロックまたはメールの受信・閲覧機能に制限をかけるための各種のロックがなされていることにより、被検索端末において検索確認通知の受信をお知らせする何らの動作がない場合。
[3]
本サービスに係るシステムの保守・点検・障害等により、検索確認通知を受信できなかった場合または検索確認通知の受信が遅れた場合。
(5)
被検索者は、被検索端末が特定キッズケータイまたは腕時計型端末である場合を除き、ドコモが別に定める方法にしたがって、包括拒否設定をすることができます。この場合、当該端末に挿入されたドコモUIMカードに登録された携帯電話番号が、利用者から被検索番号として指定されても、各種通知を受信したり、位置情報が通知されることはありません。また、iモードおよびspモードの双方が未契約のドコモUIMカードで、特定キッズケータイまたは腕時計型端末以外の被検索端末をご利用の場合は、設定の内容にかかわらず、各種通知を受信したり、位置情報が通知されることはありません。
(6)
被検索者が、利用者からの検索設定を「許可」にしていた場合であっても、検索確認通知を受信してから一定時間内にドコモ所定の拒否の操作をすることで、当該検索を拒否することができます。なお、ドコモは、検索の成否についての問い合わせには一切応じられませんので、あらかじめご了承ください。
(7)
被検索端末が第9号に定める利用設定をしている特定spモード対応端末であり、かつ、被検索者が無線LAN機能を利用中に、位置情報の検索が行われた場合(利用者からの検索確認通知を受信した場合も含みます)、位置情報の検索を終了するまでの間は、ドコモのXi回線またはFOMA回線に切り替えて位置情報の検索等が実施されます。なお、位置情報の検索終了後は無線LANに自動的に接続されますが、次に定めるとき等には無線LANに接続されず、ドコモのXi回線またはFOMA回線により接続された状態のままとなる場合があります。ドコモのXi回線またはFOMA回線により接続されている間に、何らかの通信(ドコモ位置情報アプリ以外のアプリによる通信を含みます)が発生した場合、当該通信に伴うパケット通信料がかかりますので予めご了承ください。
[1]
無線LANの接続環境が変化したこと、電波障害・電波干渉が発生したこと等により、無線LAN接続ができない場合
[2]
被検索者または被検索端末内のドコモ位置情報アプリ以外のアプリにより、位置情報の検索中にドコモ位置情報アプリが停止された場合、電源が切られた場合
[3]
被検索端末等において、無線LAN機能を利用する場合にパスワードによる認証を行う設定になっている場合
(8)
被検索者がiモードおよびspモードの双方が未契約の状態からiモードまたはspモードまたはその双方を新たにご契約された場合、被検索端末の検索設定が引き継がれます。
その場合、被検索端末に対して、被検索端末がiモード対応端末である場合はメッセージR(リクエスト)により、特定spモード対応端末である場合はドコモ位置情報アプリのリクエスト機能により、iOS搭載端末である場合はショートメッセージ(SMS)により「設定継続通知」(被検索番号として指定されていることをお知らせするための、ドコモが送信する通知をいいます)が送信されます。
ただし、被検索端末が特定spモード対応端末である場合で、マルチユーザー機能を利用している場合は、「設定継続通知」の受信をお知らせする画面が被検索端末に表示されない場合があります(この場合、当該端末の使用者をメインユーザーに切り替えて、ドコモ位置情報アプリの設定お願いメール受信履歴から「設定継続通知」の内容を確認することができます)。
その他、本号に定める事項には以下の例外がありますので、「お客様サポート」から設定ページにアクセスし、検索設定の内容をご確認のうえで、必要に応じて検索設定を行なってください。
[1]
設定継続通知を受信するまでの間:「許可」になっている検索設定は「毎回確認」に変更され、お知らせ通知を受信した時点で「許可」に変更されます。
[2]
被検索端末の機種・設定状況・通信環境等により、設定継続通知が受信できなかった場合:「許可」になっている検索設定は「毎回確認」に変更されたままとなります。
[3]
被検索端末がiOS搭載端末である場合、検索設定は引き継がれません。ただし、iOS搭載端末に対して、ショートメッセージ(SMS)により送信された設定継続通知に記載されるURLにアクセスした時点で「許可」に変更されます。
(9)
被検索端末が特定spモード対応端末である場合、当該特定spモード対応端末におけるドコモ位置情報アプリの利用設定が必要となります。
被検索者は、第1号に定める設定お願い通知、第2号に定める開始お知らせ通知、第4号に定める検索確認通知および第8号に定める設定継続通知を確認するにあたりまず利用設定を行ってください(ただし、当該端末でマルチユーザー機能を利用している場合で、当該端末をメインユーザー以外の使用者に切り替えて使用している場合は、ドコモ位置情報アプリの利用設定を行えない場合があります)。
なお、ドコモ位置情報アプリがプリインストールされていないspモード対応端末である場合には、これらの通知を確認することはできません。

5.課金について

(1)
利用者が本サービスを利用する際には、契約約款の定めに従い、本サービスのご利用の対価をお支払いただく必要があります。
(2)
利用者が、iモードまたはspモードを経由して、検索および本サービスに係る各種設定を行う場合ならびに本サービスに係るメッセージR(リクエスト)を受信する場合には、パケット通信料がかかります。
(3)
被検索端末がiOS搭載端末である場合、位置情報の検索が実施されている間、パケット通信料がかかります。また、被検索端末が端末独自測位機能を搭載した端末である場合、位置情報の検索が実施されている間、パケット通信料がかかる場合があります。
(4)
本サービスを海外でご利用になるには、すべての通信に対し、契約約款に定める国際アウトローミング通信料がかかります。この場合、お客さまがパケット定額サービスをご契約されていても、パケット定額サービスの適用対象外となります(海外パケ・ホーダイが適用となる場合を除きます)。
(5)
被検索端末が特定spモード対応端末である場合、ブザー検索機能、ちょこっと通知検索機能、電源OFF検索機能、電池アラーム通知機能において位置情報の検索が実施されている間、パケット通信料がかかる場合があります。

6.本サービスの運用

(1)
ドコモは、本サービスの一時中断のお知らせ、その他利用者または被検索者等へのお知らせを行う場合、ドコモのホームページへの掲載その他ドコモが適当と判断する方法により行うものとします。
(2)
本規約は、ドコモの都合により変更されることがあります。この場合、ドコモは前号に従い1日以上の予告期間をおいてドコモのホームページにおいて変更後の本規約の内容を周知するものとし、予告期間経過後は、変更後の本規約が適用されるものとします。

7.利用中止等

(1)
利用者は、本サービスのご利用の中止を希望される場合は、ドコモが別に定める手続により本サービスの利用中止の手続を行うことができます。なお、利用者がFOMA/Xiサービスを解約された場合、名義変更・承継をすることによりFOMA/Xiサービスのご契約者が変更した場合、電話番号保管のお申込みをされた場合等も本サービスは利用できなくなります。また、利用者が携帯電話番号を変更した場合は、本サービスを継続してご利用いただくことはできますが、被検索端末の検索設定は初期値に変更され、第4項第1号および第2号に準じた取扱いを行います。
(2)
ドコモは、利用者が第8項に定める禁止事項のいずれかに該当した場合は、利用者への本サービスの提供を停止し、または本サービスの提供を終了することができるものとします。
(3)
ドコモは、利用者が本サービスのご利用の対価をお支払いされない場合(当社が当該対価に係る債権を第三者に譲渡した場合において、当該第三者に対してお支払がない場合を含みます)、お支払をドコモが確認するまでの間、本サービスの提供を停止し、または本サービスの提供を終了することができるものとします。

8.禁止事項

利用者は、本サービスのご利用にあたり、以下に定める行為を行わないものとします。

(1)
本サービスの利用申込時の登録または届出事項につき、虚偽の事実をドコモに届け出ること。
(2)
ドコモもしくは第三者の著作権、商標権等の知的財産権、その他の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
(3)
被検索者その他第三者のプライバシーを侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
(4)
検索端末を第三者に貸与もしくは譲渡することまたは本サービスサイトもしくはMy docomoの本サービス関連サイトを利用させることにより、被検索者の許可、認識なく第三者に位置情報を取得させる行為。
(5)
ドコモの設備に無権限でアクセスすること、過度な負担を与えること、本サービスの提供を不能にすること、その他本サービスの提供およびその運営に支障を与える行為、またはそのおそれのある行為。
(6)
ドコモの営業活動を妨害する行為、または妨害するおそれのある行為。
(7)
ドコモもしくは第三者に不利益もしくは損害を与える行為、またはそのおそれのある行為。
(8)
犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為。
(9)
本サービスを利用することによって得られる一切の情報を業として利用する行為または方法のいかんを問わず第三者の利用に供する行為。
(10)
上記の他、法令、本規約、約款等もしくは公序良俗に違反する行為、または違反するおそれのある行為。

9.お客さまの情報について

(1)
ドコモにおける本サービスでの利用者または被検索者に関する情報の取扱いについては、約款等で別段の定めがある場合を除き、ドコモのホームページに定める「お客様の個人情報に関するプライバシーポリシー」に従うものとします。
(2)
本サービスを利用することにより取得した被検索端末の位置情報および当該情報を複製もしくは出力した媒体は、利用者の責任により注意して管理いただき、ドコモは、紛失等により利用者または被検索者その他第三者に損害が生じた場合でも、当該損害について、一切の責任を負いません。
(3)
ドコモは、被検索者のプライバシー保護のため、被検索者の個人情報、被検索者のFOMA/Xiサービスのご契約状況、被検索者の検索設定の状態、検索ができなかった場合の理由等その他被検索者に関わる一切の情報は、利用者に対し一切開示いたしません。
(4)
当社は、当社が提供する商品・サービス(本サービスを含みますがこれに限りません。)の各種機能の有効性評価、機能改善及び品質向上、新サービスの企画・開発、並びに当社のマーケティング活動のために、お客さまの本サービスの利用履歴(以下「本データ」といいます。)をクッキー(cookie)を用いて収集します。当社は、これらの情報をお客さま個人を識別するIDと組み合わせ、お客さまの属性情報等を付加した上で利用することがあります。
(5)
当社は、上記目的のために解析ツール「 Google Analytics 」(以下「解析ツール」といいます。)を利用しています。お客さまは、本データが、解析ツールの提供者であるGoogle.Inc,及びその完全子会社(以下「Google等」といいます。)の管理するサーバシステムに格納され、Google等が当該本データを、Google等が定める利用目的の範囲で当該情報を利用することに同意するものとします。解析ツールの詳細及びお客さまが解析ツールを用いたお客さまの情報の利用を望まない場合の拒否設定の方法、並びにGoogle等が定める利用目的は<www.google.com/intl/ja/policies/privacy/partners/ >をご参照ください。

10.通信機器

本サービスを利用するために利用者または被検索者が使用される通信機器、ソフトウェアその他これらに付随して必要となるすべての機器は、利用者の費用と責任において準備するものとし、ドコモは、通信環境の不備等による利用障害については、一切のサポートを行いません。

11.ドコモの地図

(1)
「ドコモの地図」とは、ドコモが別に定める地図データおよび住所データをいいます。
(2)
利用者は、iモードもしくはspモードの本サービスサイトまたはMy docomoの本サービス関連サイトから、被検索端末の位置情報に基づいて作成され、地図データおよび住所データを示す「ドコモの地図」を取得(ダウンロードおよび利用者の検索端末への保存をいい、以下同じとします)し、閲覧することができます。
(3)
「ドコモの地図」の著作権その他の権利は、株式会社ゼンリンに帰属します。なお、ドコモの地図は、承認番号 平29情使、第444-B14号国土地理院発行の50万分の1地方図および2万5千分の1地形図を利用しております。
利用者は、前号に定める利用方法以外にドコモの地図を利用することができず、また、著作権者の許可なく地図データ(利用者の検索端末に保存されたものを含みます)の全部もしくは一部を複製、複写、転載、改変し、または販売、再配布等をすることはできません。
(4)
ドコモは、「ドコモの地図」の完全性・有用性・正確性・即時性等を保証するものではなく、「ドコモの地図」の内容等、ドコモの責によらない事由により利用者または第三者に生じた損害については一切の責任を負いません。

12.位置情報の精度等

(1)
被検索端末に搭載されるGPS機能は、衛星からの電波を利用しているため、建物の中、高層ビル群地帯、高圧線の近く、密集した樹木の近くではGPSの電波を受信しにくい、または受信できない場合があり、このような場合、基地局の情報および端末独自測位機能(当該位置測位機能を利用可能な設定にしている場合)を用いて測位を行います。また、基地局の設置状況その他被検索端末の電波状況により基地局情報を正確に測位することができない場合があります。これらの場合、位置情報と被検索端末の実際の位置に大きな誤差(300m以上)が生じることや、被検索端末の位置情報を得られないことがありますのであらかじめご了承ください。
(2)
被検索端末がGPS機能搭載の特定spモード対応端末である場合においても、ドコモが別に定める端末については、GPSによる位置情報を測位することができません。その場合、基地局情報のみを用いて測位を行います。
(3)
被検索端末がiOS搭載端末である場合で検索設定が「許可」である場合においても、検索確認通知中のURLにアクセスされない限りGPSによる位置情報を測位することはできません。その場合、基地局情報のみを用いて測位を行います。なお、検索確認通知中のURLにアクセスがなされた場合、URLにアクセスされた端末の位置情報を用いて測位を行います。

13.本サービスの利用上の制限

(1)
ドコモは、次の場合には、本サービスの全部または一部の提供を中断することがあります。この場合、ドコモは、ドコモが適当と判断する方法で事前に利用者にその旨を通知またはドコモのホームページ上に掲示します。ただし、緊急の場合または止むを得ない事情により通知できない場合は、この限りではありません。
[1]
本サービスに係るシステムの保守・点検を行う場合
[2]
火災・停電等の事故、地震・洪水等の天災、戦争、暴動、労働争議等により、本サービスの提供ができない場合
[3]
本サービスに係るシステムの障害等により、本サービスの提供ができなくなった場合
[4]
ドコモが、運用上または技術上やむを得ず本サービスの一時中断が必要であると判断した場合
[5]
その他契約約款に定める場合
(2)
ドコモは、前項により、利用者、被検索者その他第三者に損害が生じたとしても、当該損害について、本規約または約款等に別に定める場合を除き、一切の責任を負いません。

14.本サービスの変更、追加および廃止

(1)
ドコモは、業務上の都合により、利用者に事前に通知または周知することなく、本サービスの全部もしくは一部を変更、追加または廃止することがあります。
(2)
本サービスの全部もしくは一部の変更、追加または廃止が利用者に重大な影響を及ぼすとドコモが判断した場合は、ドコモはあらかじめその変更、追加または廃止の内容について第6項第1号に従い、利用者に周知するものとします。

15.本サービスに関する責任

(1)
本サービスの利用に関連して、利用者と被検索者または第三者との間で紛争等が発生した場合であっても、利用者は自己の責任で解決するものとし、ドコモは一切の責任を負いません。
(2)
ドコモは、利用者が、第8項第4号の行為をした結果、利用者以外の者からの検索要求に対して被検索端末の位置情報を提供したことにより被検索者または第三者に損害が生じたとしても、当該損害について、一切の責任を負いません。
(3)
ドコモは、本サービスを通じて提供される位置情報の完全性・有用性・正確性・即時性等を保証するものではなく、位置情報の精度等、ドコモの責によらない事由により利用者または第三者に生じた損害については一切の責任を負いません。
(4)
ドコモは、上記の他、本サービスの提供に関するシステム上の障害による本サービスの遅延、変更、中止もしくは廃止または本サービスを通じて提供される位置情報の破損もしくは滅失その他本サービスに関連してお客さまに損害が生じたとしても、当該損害について、本規約または約款等に別に定める場合を除き、一切の責任を負いません。

16.権利譲渡等の禁止

利用者は、ドコモの事前の書面による同意なしに、本サービスを利用する権利または本サービスを通じて生じた利用者の権利もしくは義務を譲渡し、承継させ、貸与し、または担保に供することはできないものとします。

17.準拠法

本規約の効力・履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

18.紛争の解決

本規約または本サービスに関連して訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

株式会社NTTドコモ

戻る

ページの先頭に戻る