ご利用規約

【法人のお客様】ドコモビジネスプレミアクラブ会員規約

株式会社NTTドコモ(以下、「当社」といいます)は、この「ドコモビジネスプレミアクラブ会員規約」(以下、「本規約」といいます)に従って「ドコモビジネスプレミアクラブ」(以下、「本会」といいます)に入会した方(以下、「会員」といいます)に対し、一定の特典を提供する制度(以下、かかる特典を「本会特典」といい、制度全体を「本プログラム」といいます)を実施します。本プログラムは、本規約に従って運営されるものとします。なお、細目については、当社が会員向けに提供するWebサイトMy docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)に定めるものとします。

(定義)

第1条

本プログラムで使用する用語の意味は次の各号に定めるとおりです。なお、本規約に定めのない用語については、当社が別に定める各種サービス契約約款等によるものとします。

(1)ポイント提供対象サービス
当社が提供する電気通信サービスのうち、本プログラムのドコモポイント(以下、「ポイント」といいます)付与の対象とするFOMAサービス、Xi(クロッシィ)サービス、ワイドスター通信サービス(以下、これらのサービスを総称して「FOMAサービス等」といいます)、及びオフィスリンク(ビジネスmoperaサービスのうち、専用回線等接続サービス契約約款に規定する第9種接続装置を使用するサービスをいい、以下、「オフィスリンク」といいます)及びボイスミーティング(ボイスミーティングサービスのうち、専用回線等接続サービス契約約款に規定する第10種接続装置を使用するサービスをいい、以下、「ボイスミーティング」といいます)。
ただし、FOMAサービスのうち、平成20年3月2日までに締結された2in1利用(以下、「『2in1』サービス」といいます)にかかる契約であって、平成20年3月3日より提供が開始されたサービス内容に基づく「2in1」サービスにかかる契約への移行手続きがなされていない契約(以下、「旧2in1契約」といいます)に基づくBナンバー側の回線(「共用FOMA」を指します。以下、「旧2in1契約回線」といいます)で提供を受けている「2in1」サービス及びFOMA特定接続(サービス)は除きます。また、当社から提供される卸電気通信サービスについても対象外となります。
(2)ポイント提供対象サービス利用金額
ポイント提供対象サービス及び会員がポイント提供対象サービスの契約回線と紐付けて締結しているIT通信網サービス(以下、「ドコモ光」といいます)の利用金額(基本使用料、通話・通信料、付加機能使用料、ユニバーサルサービス料に限ります)並びに当社が別途対象として指定した取引の金額(いずれも税抜金額を指します)。ただし、当社が別途指定する位置情報提供サービス及びユビキタスサービスにかかる基本使用料及び通信料は除きます。
(3)プログラム年度
毎年4月から翌年3月までの期間
(4)継続利用期間
ポイント提供対象サービスにかかる当該回線の契約の継続期間(ご契約日が属する月の翌月を1か月目とし1か月単位で計算します。ただし、ご契約日が月の1日である場合は当該月を1か月目とします)
(5)サービスステージ
前プログラム年度末日時点における継続利用期間又はオフィスリンクの提供を受けるための契約(以下、「オフィスリンク契約」といいます)及びあんしんマネージャーの提供を受けるための契約(以下、「あんしんマネージャー契約」といいます)の有無により決定される、各プログラム年度における本会特典の交換対象となるポイントの付与率等を決定するための以下の6ステージから構成される基準

  • ゴールドステージ(オフィスリンク契約且つあんしんマネージャー契約)
  • グランプレミアステージ(継続利用期間:15年以上)
  • プレミアステージ(継続利用期間:10年以上)
  • 3rdステージ(継続利用期間:8年以上)
  • 2ndステージ(継続利用期間:5年以上)
  • 1stステージ(継続利用期間:5年未満)
(6)ドコモマイショップ
当社及び当社が認定した取扱店(以下、「対象店舗」といいます)が別紙に定める「ドコモマイショップ会員特約」に基づき実施する会員制度
(7)登録店舗
会員が別紙「ドコモマイショップ会員特約」に基づき対象店舗のうちの1店舗にドコモマイショップ会員として登録している場合の当該店舗
(8)協賛店
当社と本プログラムにおいて本会特典の提供又はポイント交換等の提携をしている会社等

(入会申込及び会員資格等)

第2条

本会は、入会申込み手続きを必要とします。
2.
本会は、入会金及び会費は一切不要です。
3.
本会は、法人名義にてポイント提供対象サービスの契約を締結している契約者を入会対象者とします。なお、契約者は、入会申込みを契約回線毎に行うものとしますが、FOMAサービス等において、当該FOMAサービス等にかかる契約を複数締結し、当該各回線にかかる料金の請求を一括して受けるサービス(以下、「一括請求」といいます)をご利用いただいている場合はその一括請求の代表回線(以下、「代表回線」といいます)毎に行うものとします。
4.
本会への申込みは、契約回線の契約者(ただし、一括請求の場合は代表回線の契約者をいい、以下総称して「企業管理者」といいます)からのみ可能です。
5.
一括請求の代表回線の契約者は、自己と同一の一括請求グループを構成する契約回線(以下、「グループ回線」といいます)に自己と異なる契約者名義の契約回線が含まれるときは、前項の申込み及び本プログラムの利用(「My docomo」からの料金プランの変更等の各種手続き等を含み、以下本項において同様とします)にあたり必要となる代理権を当該グループ回線の契約者(以下、「異名義契約者」といいます)から得たうえで本会への申込み及び本プログラムの利用をするものとします。また、代表回線の契約者は、当社から請求があったときは、書面の提示その他当社が相当と認める方法により、当該代理権限が適正に授与されたことを証明するものとします。
6.
本会への入会の申込みを希望する者は、本規約に同意したうえで、当社所定の手続きにより入会の申込みをするものとします。なお、当社が申込みを承諾したときは、企業管理者及びグループ回線の契約者(ポイント提供対象サービスの契約者に限るものとし、前項に定める異名義契約者を含みます)は、会員資格を取得するものとし、本規約の適用を受けるものとします。

(本プログラムにおけるポイントの計算方法及び付与等)

第3条

当社は、次のサービスステージ毎のポイント付与率により、毎月のポイント提供対象サービス利用金額に応じたポイントを回線単位で計算し、付与します(ただし、FOMAサービス等において一括請求をご利用いただいている場合、各グループ回線に付与されたポイントは、当該月末日時点で一括請求の代表回線となっている回線に一括して付与します)。付与ポイント数を算定する際の毎月のポイント提供対象サービス利用金額は、最小単位を1,000円とし、1,000円未満は切り捨てるものとします。なお、(i)会員が旧2in1契約を締結している場合は、旧2in1契約に基づくAナンバー側の回線(被共用FOMAを指します。以下、「旧2in1基本契約回線」といいます)に対して、旧2in1基本契約回線の利用金額と旧2in1契約回線の利用金額の合計金額について、(ii)会員がポイント提供対象サービスの契約回線と紐付けてドコモ光の契約を締結している場合は、ポイント提供対象サービスにかかるポイント提供対象サービス利用金額とドコモ光にかかるポイント提供対象サービス利用金額の個々の金額について、当該会員のサービスステージに応じたポイント付与率を適用して算定したポイント数を付与するものとします。

  • ゴールドステージ(1,000円につき100ポイント)
  • グランプレミアステージ(1,000円につき25ポイント)
  • プレミアステージ(1,000円につき20ポイント)
  • 3rdステージ(1,000円につき15ポイント)
  • 2ndステージ(1,000円につき10ポイント)
  • 1stステージ(1,000円につき5ポイント)
2.
月の途中でサービスステージが変更になった場合、当該月以降のポイント提供対象サービス利用金額に対する付与ポイント数は、当該月末日時点のサービスステージに応じた付与率を用いて算定するものとします。
3.
当社は、第1項によるポイントの付与のほか、別途My docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)に定めるところに従い、契約回線にポイントを付与する場合があります。
4.
当社が提供する2in1パケット等料金引受オプションサービス(以下、「2in1債務引受オプション」といいます)に基づき債務引受が行われた場合には、第1項に定めるポイント提供対象サービス利用金額に対するポイントの計算に際しては、当社は次のとおり取扱います(本規約に定めのない用語については、当社が定める「2in1パケット等料金引受オプションサービス規約」によるものとし、以下本項において同じとします)。
(1)
2in1債務引受オプションの適用対象として指定されたAナンバーのFOMAサービス:ポイント提供対象サービス利用金額から引受債務の額(ポイント提供対象サービス利用金額に相当する金額(税額相当分との合算後の額とします)に限ります。以下同じとします)を差し引いた後の金額に基づきポイントを計算するものとします。
(2)
2in1債務引受オプションを利用するBナンバーのFOMAサービス:ポイント提供対象サービス利用金額に引受債務の額を加算した合計金額に基づきポイント数を計算するものとします。
5.
当社は、第1項及び第3項により付与したポイント数を次の方法により会員にお知らせします。
(1)
My docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)
(2)
毎月のポイント提供対象サービスにかかる請求書、口座振替のご案内又はご利用料金のご案内
(3)
eビリング
(ただし、オフィスリンク及びボイスミーティングの契約者には、次項に定める場合を除き、請求書、口座振替のご案内でのお知らせのみとなります)
6.
会員は、前項によるほか、当社がMy docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)で会員に周知する方法により、付与されたポイント数、キャンペーン施策等を確認することができます。
7.
ポイントが付与された後に、ポイント提供対象サービス利用金額が、パケット定額制サービスの再計算(当社が別途定める条件によるものとします)の実施その他の事由により減額された場合には、当社は、付与されたポイント数のうち減額されたポイント提供対象サービス利用金額に応じて付与された分に相当するポイント数を取り消すものとします。この場合、当社は、取消対象となるポイント(以下、「取消対象ポイント」といいます)について、一括して控除し取り消すものとしますが、会員に付与したポイント数が取消対象ポイント総数に満たない場合には、当社は、控除することができなかった取消対象ポイント残数がなくなるまでの間、新たに会員に付与されるポイント数から予め取消対象ポイント残数を控除した上でポイントを付与するものとします。
また、会員と当社との間の各ポイント提供対象サービスにかかる契約が解約された場合に、当該解約時の会員の保有ポイント数が、取消対象ポイント数に満たないときには、当社は当該控除することができなかった取消対象ポイント残数相当額(1ポイントを1円として換算します。以下同じとします)を会員に請求することができるものとします(なお、解約時点において会員が第4条に基づくポイント利用の申込みをされている場合で、当社が当該ポイントを利用した本会特典の提供が完了していないと認めるときは、当社は、当該取消対象ポイント残数相当額の請求に代えて、又は当該請求と組み合わせる方法によって、当該ポイント利用の申込みの承諾を取り消して、原状に復したポイントから取消対象ポイント残数を控除することができるものとします)。
8.
代表回線の契約者以外のグループ回線の契約者である会員は、企業管理者以外の会員からはポイントの合計に関する照会及びポイント利用の申込みを受付けないこととする設定(以下、「ポイント利用拒否設定」といいます)が当該代表回線の契約者によりなされている場合を除き、当社がMy docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)で会員に周知する方法により、当該ポイント数を確認することができます。
9.
当社は、会員に対し、ポイント提供対象サービス及び会員がポイント提供対象サービスの契約回線と紐付けて締結しているドコモ光の利用月の翌月10日に、利用月におけるポイントを付与します(ポイント提供対象サービスにかかる当該回線の契約が解約された場合又は一括請求の組み替えを行った場合、解約又は一括請求の組み換えの時期により、請求書上ポイント付与が反映されるのが翌々月10日となる場合があります)。
10.
会員は、ポイントを他者に譲渡又は移行することはできません(ポイント提供対象サービスにかかる契約が名義変更されたとき又は契約上の地位が承継されたときには、それまでのポイントは新しい契約者に移行されます)。
11.
会員がポイント提供対象サービスを複数契約していたとしても、一括請求を申込みいただいていない場合には、付与されたポイントを契約回線間で移行又は合算をすることはできません。

(ポイントの利用等)

第4条

会員は、1ポイント単位でポイントを利用するものとします。ただし、当社がこれと異なる条件を定める場合は、当該条件に従うものとします。
2.
会員は、必要なポイント数を利用して本プログラムにかかる本会特典の提供を当社に申込むことができます。
3.
ポイントの利用は、企業管理者又は企業管理者が予め当社に届け出た自然人(以下「管理者」といいます)から申込むことができます。ただし、FOMAサービス等において一括請求をご利用の場合は、企業管理者以外のグループ回線の契約者である会員からの申込みであっても当社が企業管理者の承諾を確認できた場合(当社がMy docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)で指定する方法(第3条第8項の定めに基づき企業管理者がポイント利用拒否設定をしておらず、且つ企業管理者以外のグループ回線の契約者である会員から企業管理者又は管理者の承諾を得たうえでのポイント利用の申込みであることを確約いただいた場合など)を含みます)は、当該グループ回線の契約者である会員からも申し込むことができます。ただし、当社は、ポイント利用につき不正使用等の疑義があると判断した場合などには、会員のポイントの利用を一時停止し、企業管理者又は管理者その他適切な者に対し確認等をするなど当社が適切と考える方法をとれるものとします。この場合、会員は、当社の確認等に協力するものとします。
4.
会員は、一旦なされた特典提供にかかる申込みを取り消すことはできないものとします。
5.
会員は、当社の都合により会員が希望する特典(以下、「希望特典」といいます)を提供できない場合があることをあらかじめ承諾するものとします。当社は、希望特典を提供できないときは、会員に対して別の希望特典の指定を求めますが、会員が希望する特典がない場合は、当該特典提供の申込みは取り消されるものとし、当社は利用ポイントを会員に返還します。
6.
会員への希望特典の提供は、特典内容により、ドコモショップ等当社が指定する窓口での引渡し又は送付によるものとします。
7.
当社が希望特典を会員に送付するときは、特典提供の申込みを当社が確認した時点で会員が当社に届け出ている送付先住所又は会員が指定した住所に送ります。ただし、当社は、当社が送付先を不適切と判断した場合には送付の保留、拒否ができるものとします。
8.
当社が会員に希望特典を送付する場合は、前項に定める送付先に書留等当社が適切と考える送付方法により送付するものとします。この場合、郵便局等から交付される当該郵便物の到着を証明する書類の受領をもって、会員本人に希望特典が提供されたものとします。
ただし、当社が前項に定める住所に希望特典を送付したにもかかわらず、お届け先住所不明等の理由により当社に返送された場合、該当特典提供の申込みは、無効とさせていただき、当社は、該当利用にかかるポイントを会員に返還します。なお、会員がポイント提供対象サービスの契約を解約された後に特典提供の申込みが無効となった場合にはこの限りでなく、当該利用にかかるポイントは失効するものとします。
9.
会員が当社所定の方法により希望特典提供の申込みを行った場合、当社が当該希望特典を提供する時点で、当該申込みの内容に不備がないこと及び申込者が会員資格を有しており且つ当社が別途My docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)において定める当該希望特典の提供条件を満たしていることが確認できた場合に限り、当社は当該希望特典を提供するものとします。
10.
当社は、会員がポイント提供対象サービスの利用料金等の支払を遅滞している場合には、特典提供にかかる申込みを受け付けないものとします。
11.
当社は、本規約のほかMy docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)その他当社が適切と考える方法によりポイントの利用方法ならびに本会特典の内容及び提供条件等を会員に周知するものとし、会員はこれに従うものとします。また、会員は、協賛店が提供する特典を受ける場合には、本規約及びMy docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)の定めのほか、協賛店の指示に従うものとします。
12.
ポイントを利用した特典とは別に、当社及び協賛店は会員に対し特典を提供します。特典の具体的内容については、My docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)に記載されます。

(会員情報等の利用)

第5条

当社及び登録店舗(登録店舗の運営会社及び当該運営会社を統括する会社を含みます。以下同じとします)は、ポイント提供対象サービス(ドコモ光を含み、以下本条において同じとします)の契約に関する情報並びに当社及び登録店舗が行うアンケート等に記載した情報等、会員にかかわる第3項各号に該当する情報(以下、「会員情報」といいます)を厳重に保管します。
2.
当社及び登録店舗は、本プログラムの運営等にあたり、次の目的の達成のために、次項に定める会員情報を利用するものとします。
(1)
会員のポイント管理、会員に対するポイント数の通知(第3条第8項に基づく代表回線の契約者以外のグループ回線の契約者である会員に対する周知を含みます)、会員からのポイント交換等の申出があった際の協賛店への会員情報の通知
(2)
会員のポイント提供対象サービスの契約内容又は利用状況等に応じた、商品・サービス・キャンペーン・イベント等(以下、「サービス等」といいます)のご案内・ご提案(業務提携先のサービス等に関するご案内・ご提案を含みます)、キャンペーン・イベント等における当選者の抽選及び景品の発送その他お知らせの実施
(3)
商品・サービス又は各種キャンペーン施策(当社及び登録店舗のものに限定されません)に関する意識や実態に関する調査・分析の実施及びその結果に基づくご案内又はご提案
(4)
本会特典(協賛店が提供する会員向けの特典を含みます)のご案内
(5)
登録内容及び会員資格の維持管理
3.
当社及び登録店舗は、次の会員情報を前項の利用目的のために利用します。
(1)
ポイント提供対象サービスの契約内容にかかる情報
(2)
ポイント提供対象サービスのご注文内容、ご利用金額及びご利用端末等にかかる情報
(3)
当社及び登録店舗がMy docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)で別途定める方法により実施したアンケート等により取得した情報
(4)
当社及び登録店舗の施策実施にかかる情報
(5)
ドコモショップ等の当社販売代理店が実施したアンケートにおいて会員が当社による利用を同意したうえ提出した情報
(6)
会員登録時の申込書等に記載いただいた情報
(7)
その他、本プログラムの利用状況に関する情報
4.
当社及び登録店舗はドコモマイショップの会員情報を第2項の利用目的のために利用します。
5.
当社及び登録店舗は会員に対して第2項に定めるご案内、ご提案等(以下、「ご案内等」といいます)を郵送、インターネットメール、当社が提供するメッセージサービス(以下、「メッセージサービス」といいます)、My docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)及び電話等により行うことがあります。なお、詳細はMy docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)に記載するものとします(Webサイト、インターネットメール、メッセージサービス及びMy docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)の利用にかかる費用の一部は会員負担となる場合があります)。
6.
ご案内等には会員情報又はドコモマイショップの会員情報が記載される場合があります。
7.
会員が第5項に定める当社及び登録店舗からのご案内等を希望しない場合、会員は当社及び登録店舗が別途定める方法により当社及び登録店舗に届け出るものとします。当社及び登録店舗は当該届出を受領した場合、これらのご案内等をしないものとします。
8.
当社及び登録店舗は、第4条第3項ただし書に基づき企業管理者以外のグループ回線の契約者である会員からポイント利用の申込みがあった場合には、企業管理者に付与されたポイント数を当該ポイント利用の申込みをしたグループ回線の契約者である会員に開示します。ただし、企業管理者がポイント利用拒否設定をしたときは、本項に基づく開示はされません。
9.
当社及び登録店舗は、第5項に基づくご案内等を行う場合、ポイント提供対象サービスの利用者に対し、会員情報又はドコモマイショップの会員情報を開示する場合があります。
10.
当社及び登録店舗は、協賛店その他第三者に対し、会員情報又はドコモマイショップの会員情報を特定個人又は特定企業が識別することができない方法により開示することがあります。
11.
当社及び登録店舗は、前二項に定める場合のほか、本規約において別に定める場合など正当な理由がある場合を除いて第三者に会員情報及びドコモマイショップの会員情報を開示することはありません。
12.
当社及び登録店舗は、第5項に基づき会員にご案内等を行ったことに伴い、あるいはご案内等の内容、ご案内等に含まれている情報により、会員が何らかの損害を被ったとしても、当社または登録店舗の故意または重過失による場合を除きその賠償の責任を一切負わないものとします。

(獲得ポイントの取扱い)

第6条

付与されたポイントの有効期限は、当該ポイントを付与されたプログラム年度の末日から3年2カ月を経過する日までとします。
2.
当社は、会員が第8条に基づき会員資格を失ったときは、当該時点で会員が有していた獲得ポイントを次の各号に従い取り扱うものとします。
(1)
第8条第1号に基づき解約された場合(FOMAサービス等において一括請求をご利用の場合で、一括請求の代表回線を含むグループ回線全てについて解約された場合を含みます)には、当該時点で会員が有していた獲得ポイントは全て失効するものとします。なお、FOMAサービス等において一括請求をご利用の場合で、一括請求の代表回線のみを解約する場合においても、他の回線を代表回線として指定することなく解約した場合は、全ての獲得ポイントが失効します。
(2)
第8条第2号及び第4号の場合、これまでに本規約に基づき会員が有していた獲得ポイント(ただし、第3条第1項に基づき毎月のポイント提供対象サービス利用金額に応じて算出されるポイントについては、会員が会員資格を失う月の前月までに会員が利用されたポイント提供対象サービスに基づき付与されるものに限ります)は、企業管理者の回線に残るものとします。
(3)
第8条第3号の場合、新しい契約者に引継がれます。

(退会)

第7条

会員が本会を退会しようとするときは、企業管理者から当社に申し出るものとします。
2.
当社は、前項の退会申出受領後、当該退会申出の取消には応じないものとします。

(会員資格の喪失事由)

第8条

会員(第2条第5項に定める異名義契約者を含みます)が次の各号のいずれかに該当するときは、会員資格を失います。
(1)
会員と当社との間のポイント提供対象サービスにかかる契約が解約されたとき
(2)
前条に基づき当社が退会の申出を受領したとき
(3)
会員がポイント提供対象サービスにかかる契約の名義を他者に名義変更したとき、又は契約上の地位が他者に承継されたとき。この場合、会員としての地位は新しい契約者に引き継がれます。
(4)
その他、当社が会員として不適格であると判断したとき

(当社の免責)

第9条

本会特典に関連して、会員の有する苦情及び会員の被った損害(例えば、本会特典を構成する物品もしくは本会特典を行使した結果得られる物品に欠陥が存在したこと、又は本会特典を構成するサービスもしくは本会特典を行使した結果得られるサービスが不適切であったことに関連して、会員の有する苦情や被った損害)に対し、その損害が当社または当社の販売代理店の故意または重過失による場合を除き賠償の責を一切負わないものとします。
2.
当社が第4条第5項により、希望特典を提供できない場合、当社の故意または重過失による場合を除きその責任を一切負わないものとします。
3.
本会特典の内容は、当社又は協賛店の都合により、会員への周知又は通知なしに、追加、削除、変更又は一時停止されることがあります。この場合、当社または当社の販売代理店の故意または重過失による場合を除き責任を一切負わないものとします。

(本規約等の変更)

第10条

当社は、当社が必要と認めたときには、会員への予告なく、本規約及びMy docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)の内容、特典の内容並びに協賛店の構成等を変更することができるものとし、変更日以降はこれらが適用されるものとします。

(本プログラムの実施期間及び終了)

第11条

本プログラムの実施期間は当社が任意に設定します。
2.
当社は、本プログラムを終了させる場合、終了日の1カ月前までにMy docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)への掲示その他当社が適切と判断する方法により会員に通知します。当社は本プログラム終了により、会員が何らかの損害を被ったとしても、その損害が当社の故意または重過失による場合を除き賠償の責任を一切負わないものとします。

(連絡窓口)

第12条

本プログラムの内容、その他についての質問や問い合わせ等につきましては、My docomo(ドコモビジネスプレミアクラブ)に記載する当社の連絡先を窓口とするものとします。

(合意管轄)

第13条

会員と当社との間で本規約に関連して訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

別紙

ドコモマイショップ会員特約

dポイントクラブ会員規約第1条第9号およびドコモビジネスプレミアクラブ会員規約第1条第6号に定めるドコモマイショップ会員特約(以下「本特約」といいます)を以下のとおり定め、当社および当社が認定した取扱店舗(以下「対象店舗」といいます)が実施するドコモマイショップは、本特約に従い運営されるものとします。本特約の内容についてご承諾いただけない場合、ドコモマイショップ会員となることはできないものとします。本特約に定めのない用語については、dポイントクラブ会員規約によるものとします。

(ドコモマイショップの概要)

第1条

当社ならびにdポイントクラブ会員規約第1条第10号およびドコモビジネスプレミアクラブ会員規約第1条第7号に定める登録店舗は、ドコモマイショップ会員に対して特典や各種優待の提供、ドコモの商品、サービス、料金プランその他各種情報のご案内、ドコモの商品、サービスのご利用状況等を踏まえ実施する各種ご提案等(以下、これらを総称して「ドコモマイショップ施策」といいます)を実施するものとします。なお、ドコモマイショップの詳細およびドコモマイショップ施策等の具体的な実施内容につきましては、当社または対象店舗が発行する冊子、書面およびWebサイト等で定めるものとします。

(ドコモマイショップ会員登録)

第2条

ドコモマイショップ会員への登録は、当社が提供する、dポイントクラブまたはドコモビジネスプレミアクラブ(以下、これらを総称して「対象サービス」といいます)にご入会いただいている方に限るものとします。
2.
ドコモマイショップ会員への登録をご希望のお客様は、本特約についてご承諾の上、当社所定の手続きによりドコモマイショップ会員の登録の申込みを行い、当社および登録店舗が当該申込みを承諾した時点をもってドコモマイショップの会員資格を取得するものとします。
3.
ドコモマイショップ会員への登録は、対象サービスの会員単位とします。
4.
ドコモマイショップ会員への登録は、対象サービスの会員自身で行っていただくものとします。但し、対象サービスの会員以外の方からのお申込みであっても、対象サービスの会員の承諾が確認できた場合はこの限りではありません。
5.
入会金およびドコモマイショップ会員資格を維持するための会費は一切不要です。
6.
ドコモマイショップの会員資格を証する会員証については、登録店舗が指定する書面、Webサイト等により発行するものとします。ただし、登録店舗が指定するサービスの契約をいただいていないドコモマイショップ会員に対しては、会員証等は発行しないものとします。
7.
ドコモマイショップ会員への登録をいただいた場合は、ご登録を確認させていただくため、当社または登録店舗から登録内容についての確認のメッセージ(メッセージR、インターネットメール等)をドコモマイショップ会員あてに送付させていただくことがあります。

(会員情報の利用)

第3条

ドコモマイショップ会員情報の利用については、dポイントクラブ会員規約第5条またはドコモビジネスプレミア会員規約第5条に定めるとおりとします。

(ドコモマイショップ施策)

第4条

当社および登録店舗は、ドコモマイショップ施策の内容を冊子、書面、Webサイト、インターネットメール、メッセージサービス等(以下、総称して「施策のご案内」といいます)の手段でドコモマイショップ会員にお知らせするものとします。(Webサイト、インターネットメール、メッセージサービス等のご利用にかかる費用の一部はドコモマイショップ会員負担となる場合があります。)
2.
当社が実施するドコモマイショップ施策は、登録店舗にかかわらず、全てのドコモマイショップ会員に対して提供することとしますが、対象店舗が実施するドコモマイショップ施策は、対象店舗毎にその内容が異なります。
3.
登録店舗は、自店舗に登録したドコモマイショップ会員に対して、独自のドコモマイショップ施策を実施し、他の対象店舗に登録したドコモマイショップ会員に対しては実施しないものとします。
4.
ドコモマイショップ会員が次の各号のいずれかに該当するとき等は、当社および登録店舗はドコモマイショップ施策を実施しないことがあります。
(1)
対象回線契約またはその他ドコモのサービスにかかる料金をお支払いされていないとき
(2)
ドコモマイショップ会員登録の内容に誤りがあったとき
(3)
ドコモマイショップ会員登録の内容に変更があり、ドコモまたは登録店舗に変更の届出をされていないとき
5.
ドコモマイショップ施策の内容は、ドコモマイショップ会員への予告なしに変更されることがあります。
6.
当社または登録店舗の都合により、ドコモマイショップ会員に対してドコモマイショップ施策を実施できない場合があります。
7.
当社および登録店舗は、前五項により、ドコモマイショップ会員が何らかの損害を被ったとしても、その損害が当社または登録店舗の故意または重過失による場合を除き、その賠償の責を一切負わないものとします。

(ドコモマイショップ会員登録内容の変更)

第5条

ドコモマイショップ会員は、ドコモマイショップ会員登録の内容に変更があった場合は、当社所定の手続きにより、登録店舗に当該変更を届け出るものとします。
2.
前項にかかわらず、当社または登録店舗は、ドコモマイショップ会員がdポイントクラブ会員規約または契約約款等に従って氏名、住所等の変更手続きをされた場合、ドコモマイショップ会員登録内容を変更することができるものとします。

(登録店舗の変更等)

第6条

ドコモマイショップ会員が登録店舗以外の対象店舗にドコモマイショップ会員登録した場合、登録店舗が変更されるものとします。
2.
ドコモマイショップ会員が前項により、登録店舗を変更した場合、旧登録店舗へのドコモマイショップ会員登録は廃止されるものとします。
3.
ドコモマイショップ会員が第1項により、登録店舗を変更した場合、旧登録店舗は、ドコモマイショップ会員に対してドコモマイショップ施策を実施しないものとします。

(退会)

第7条

ドコモマイショップ会員は、当社所定の手続きにより、登録店舗に届出を行うことにより、ドコモマイショップの退会ができるものとします。
2.
前項の手続きにより成立した退会は、取消すことができないものとし、再度ドコモマイショップ会員登録を希望される場合は、第2条に従って新たにドコモマイショップ会員登録の申込みを要するものとします。

(ドコモマイショップ会員資格の喪失事由)

第8条

前条に定める退会のほか、ドコモマイショップ会員が次の各号のいずれかに該当するときは、ドコモマイショップ会員資格を喪失し、ドコモマイショップ施策を利用できなくなるものとします。この場合、当社および登録店舗は、ドコモマイショップ会員が何らかの損害を被ったとしても、その損害が当社または登録店舗の故意または重過失による場合を除き、その賠償の責を一切負わないものとします。
(1)
ドコモマイショップ会員が対象サービスの会員資格を喪失または対象サービスを退会したとき
(2)
ドコモマイショップ会員がドコモビジネスプレミア会員である場合において、ドコモの回線契約を休止または解約したとき
(3)
ドコモマイショップ会員がドコモビジネスプレミア会員である場合において、ドコモの回線契約の契約者名義を他者に名義変更したとき、または契約上の地位を他者に承継したとき(この場合、ドコモマイショップ会員資格は引き継がれないものとします)
(4)
登録店舗が閉店したとき(登録店舗が移転した場合は、店舗名称の変更の有無にかかわらずドコモマイショップ会員登録が継続されるものとします)
(5)
その他、当社または登録店舗がドコモマイショップ会員として不適格であると判断したとき

(ドコモマイショップの実施期間および終了)

第9条

ドコモマイショップの実施期間は、当社が任意に設定します。
2.
当社は、ドコモマイショップを終了させる場合、終了日の1ヶ月前までにドコモマイショップ会員に通知します。当社および登録店舗はドコモマイショップの終了により、ドコモマイショップ会員が何らかの損害を被ったとしても、その損害が当社または登録店舗の故意または重過失による場合を除き、その賠償の責を一切負わないものとします。

(本特約等の変更および規定外事項)

第10条

当社および登録店舗は、当社および登録店舗が必要と認めたときは、ドコモマイショップ会員への予告なく、本特約および協賛店の構成等を含むドコモマイショップ施策の内容を変更することができるものとし、冊子、書面、Webサイト、インターネットメール、メッセージサービス等の通知方法のなかから当社および登録店舗が適当と判断する方法により、ドコモマイシップ会員へ通知するものとします。
2.
本特約の定めのない事項については、dポイントクラブ会員規約またはドコモビジネスプレミア会員規約が適用されるものとし、本特約とdポイントクラブ会員規約またはドコモビジネスプレミア会員規約に差異がある場合には、本特約が優先されるものとします。

(合意管轄)

第11条

本特約の効力、履行および解釈については、日本法が適用されるものとし、ドコモマイショップ会員と当社または登録店舗との間で本特約に関連して訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

2019年4月1日 最終改版

戻る

ページの先頭に戻る